教育部へようこそ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

切り抜き詳細

発行日時
2017-2-5 22:00
見出し
単体生放送デバイス「LiveCore」を発売します。
リンクURL
http://blog.livedoor.jp/hean/archives/5170760.html 単体生放送デバイス「LiveCore」を発売します。への外部リンク
記事詳細
DSC01370

この度、緋斐商店の新製品として、
単体生放送デバイス「LiveCore」の取り扱いを始めました。
台湾のAndyの尽力により完成した「LiveSh○ll もどき」です。

特徴はこんなとこ。 

002
  つまりこれは、
ひとつのHDMI入力をニコ生とYoutubeLiveとツイキャスとFacebookLiveに同時中継するとか、
ニコ生の次枠をサブストリームに突っ込んで、放送を止めずに枠を変えられるとか、
そういう用途に使えます。
処理性能はあまり高くないので、フルHDのハイビットレート放送は2ストリームが限界、
720pだと3ストリームでギリ、360pとかだと4ストリーム同時に中継できます。

他の特徴としては安定性です。
緋斐も生放送業界長いですが、皆さんLiveSh○llをどう使ってるかというと、
圧倒的に「安定したRTMP送出機」として使われてて、
バッテリで外でも放送とか、これ単体でスイッチングとか、
無線LANで運用とか、職業で放送してる人がやってるの見たことないんですよ。

で、最近のLiveSh○llは新機能をいろいろ詰め込んだ結果、
肝心の安定性が失われてるってのがまた何だかなぁ・・・な感じです。

個人的にCのつく会社のエンジニアリングはすっげー尊敬してはいるんですが、
もっと実用本位なものほしいなと思ってたところ、Andyが作ってくれました。
 003

特徴とか住み分けとかまとめるとこんな感じです。
 んで、この子の使い方なんですが、

004

尼にはこんな感じでざっくりした説明を載せたんですが
どうせ買うのはギークばっかやし問題にゃーがねとは思いつつ、
もうちょっと親切な解説をここで書いちゃいます。

1

まず、出荷初期状態で設定画面に入るためには、
192.168.1.168をLiveCoreに割り振れる設定のルータが要ります。

ルータはどこの馬の骨でも構やしませんが、 
ともかくデフォルトゲートウェイと払い出しIPだけ設定してください。
IPはデフォでデバイス側で固定されてるので、ルータ側はDHCPでいいです。

2

ルータの設定が終わったら、192.168.1.168に繋ぎにいきます。 
basic認証がかかっていますので、IDにもPASSにも"admin"を入れてください。

 BlogPaint


最初に表示されるステータス画面はこんな感じです。

メインステータスはシステム全体の状態を示しており、
Running Time : 電源ついてからの稼働時間
CPU Usage :  CPU稼働率
Memory Usage : メモリ使用率
Input Size : HDMIに入力されている解像度
Collected Video Frames : 取得フレーム数
Lost Video Frames : 取得に失敗したフレーム数
Audio Samplerate :  HDMI音声のサンプリングレート(kHz)
が表示されています。

各ストリームステータスは入力された映像を出力する部分についての状態が表示されていて、
メインストリームの他に3つサブストリームがあり、1つのHDMI入力に対して
合計で4ストリームまで、独立して放送を行うことができます。

Encording Type : 出力解像度とfps
Bitrate(kbit) : キロビットレート単位のビットレート
TS URL : このURLにアクセスするとTSを直接読めます。
HLS URL : HLSを直接読みにいくときのURLです。
FLV URL : FLVを(ry
RTSP URL : RTSPのURLです。VLCとかから読みにいく時に使います。
RTMP PUBLISH URL : RTMPの吐き出し先です。
Multicast URL : マルチキャスト出してる時にはここに表示されます。
Preview : FLVの窓が開いて、出力されている映像のプレビューができます。

BlogPaint

左側メニュー二段目のエンコーダ画面はこんな感じです。
 
 6

詳しく解説するのがめんどくさくなってきたんですが、
ふっつーにインターネット生放送したい大多数の人が使う分には、
fpsとビットレートと解像度とRTMP送出先さえ覚えておけば問題ないです。 
例はYoutubeLiveですが、

5

RTMPサーバのURLとパスワードを生放送の管理画面から拾ってきて、
スラッシュで区切って並べるだけです。で、Applyを押す。
これだけで放送が開始されます。

8

こんな感じで。
サービス別の詳しい放送方法はこれから作るんでもうちょっと待ってください。
LiveCore一個あげるから誰か代わりにマニュアル作ってくんないかな・・・



Copyright (C) 2009-2012 東京大学大学院情報学環教育部自治会 All Rights Reserved.