教育部へようこそ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  情報学環教育部自治会 コンテンツゼミ主催 五月祭講演会  「R-18ゲームは、現実社会といかに共鳴しえるか?」
五月祭 メイザーズぬまきち 講演会


キャラクターの著作権は有限会社STACKに帰属します。

情報学環教育部自治会コンテンツゼミ主催 

メイザーズぬまきち講演会
『R-18ゲームは、現実社会といかに共鳴しえるか?』


 美少女キャラクターを扱うコンテンツは、漫画・アニメ・ゲームの世界を超え、現代の文化に大きな影響を与えています。東京大学大学院情報学環教育部の学生による自主活動を中心としたコンテンツゼミ/コンテンツ文化史学会学生部会では、こうした状況を踏まえ、日本独自の文化に成長したコンテンツ文化の未来を模索すべく、研究活動を重ねてきました。
 そこで、今回の催しでは『School days』を筆頭に、最新作『Cross days』でも話題を呼んでいるオーバーフロー代表・メイザーズぬまきち氏をお迎えし、R-18ゲームを軸に、産業の実態や構造、表現を巡る諸問題などを議論します。さらに、R-18ゲームの社会的・文化史的意義から2010年代のコンテンツ文化の課題を模索していこうと考えています。

□日時/場所
5月30日(日) 午後2時〜午後4時(開場:午後1時)
東京大学本郷キャンパス 工学部8号館 工81講義室





**入場無料・事前申込み制**

□出演
メイザーズぬまきち 氏(ゲームクリエーター)
吉田正高 氏(東北芸術工科大学准教授/コンテンツ文化史学会会長)
昼間たかし 氏(ジャーナリスト)

□司会
中山真太(東京大学文学部)

□主催
コンテンツゼミ(東京大学大学院情報学環教育部自治会自主ゼミ)/コンテンツ文化史学会学生部会


□参加申し込み方法
申込みメールアドレス:contents.seminar@gmail.com
件名欄(Subject)に「東京大学講演会参加希望」と明記の上本文欄に以下の内容をご記入いただき、5月16日までにご送信ください(※応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます)
1:氏名(ふりがな)
2:メールアドレス
3:所属/職業

終了後、懇親会あります。(有料)
参加希望の方は「懇親会希望」とお書き添え下さい。
時間:18:00〜21:00
場所:本郷近傍のカフェ
※人数の都合上、こちらも抽選とさせて頂きます。



※註:イベント全般/参加申し込み管理については、主催者であるコンテンツゼミが担当しております。また、当落通知のご連絡は、イベント10日前を予定しております。
お問い合わせはcontents.seminar@gmail.com(担当:中山)へお願いします。
オーバーフロー様へのお問い合わせはご遠慮下さい。頂いたお名前・メールアドレスは本件のみに使用し使用後破棄させて頂きます。



□出演者プロフィール

・メイザーズぬまきち 氏



1972年札幌生まれ。有限会社スタック(オーバーフロー)代表。オーバーフローブランドでは、主にプロデュース・企画・脚本・監督など。リバーヒルソフト、フライトプランなど、家庭用ゲーム機メーカーを経て現職。デジタル画像伸縮技術研究から、デジタルアニメーションに傾倒し、アニメーションを用いた表現のゲームを好む傾向がある。家庭用ゲーム機では「Pia♥キャロットへようこそ!!2」「同級生2」などPCからの移植作品が多い。オーバーフローブランドでは、「ら〜じ・PONPON」「スクールデイズ」など。最新作は「クロスデイズ」。また、プロデュース作品の告知展開は、他社にない特殊な広報営業を行うことが多い。ディレクターとしては、子ども向けからBLゲームまでジャンルに縛られず、どんなタイトルでも手がけている。


・吉田正高 氏



1969年東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、同大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム特任講師を経て東北芸術工科大学メディア・コンテンツデザイン学科準教授。コンテンツ文化史学会会長。江戸・東京を中心とした都市文化と社会に関する文化史的研究、戦後オタク系サブカルチャー文化の研究などをテーマとする。主著に『二次元美少女論
オタクの女神創造史』(2004年、二見書房)など。


・昼間たかし 氏



1975年岡山県生まれ。ジャーナリスト・脚本家。立正大学文学部史学科卒業後、考古学研究者、零細編集プロダクション勤務などを経て現職。主な取材と考察の対象として、コンテンツの法規制問題・オタクの歴史・戦後社会における大衆文化の変遷・フランスにおける反近代主義・亜細亜主義などを扱う。著書に『2007-2008マンガ論争勃発』(永山薫との共著、2007年、マイクロマガジン社)、近著に『これでいいのか東京都大田区』(2008年、マイクロマガジン社)など。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
プチゼミ案内
カテゴリートップ
情報学環教育部全般
次
リンク


Copyright (C) 2009-2012 東京大学大学院情報学環教育部自治会 All Rights Reserved.